概 要


全面打診に代わる新たな外壁劣化調査法として注目されている、赤外線法による外壁全面調査を、専門技術者であるJAIRA(日本赤外線劣化診断技術普及協会)ステップ2資格者が行います。

弊社は、JAIRA(日本赤外線劣化診断技術普及協会)会員として、赤外線法によるコンクリート構造物の劣化診断技術の向上と普及に努めております。信頼性が高く経済的な赤外線外壁劣化調査を、是非ご利用下さい。

可視画像赤外線画像(熱画像)

建築基準法第12条により、外壁全面調査が必要となりました

建築基準法の改正により、特殊建築物定期調査の定期報告にて外壁全面診断が必要となりました。

平成20年4月1日以降
手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、
異常があれば全面打診等により調査し、
加えて竣工、外壁改修等から10年を経てから最初の調査の際に
全面打診等により調査。
定期報告をすべきところをしなかったり、 虚偽の報告を行った場合は、 罰則の対象(百万円以下の罰則)となる
(建築基準法101条第1項第2号)

以下のいずれかに当てはまる物件は外壁全面調査の対象となります。

  • 特殊建築物定期調査の部分打診、目視等により異常が認められたもの
  • 竣工後10年を越えるもの
  • 外壁改修後10年を越えるもの
  • 落下により歩行者に危害を加えるおそれのある部分の全面打診等を実施した後10年を越えるもの

赤外線カメラを用いた外壁劣化調査方法は、国土交通省の診断指針に「赤外線法」として認められています。

赤外線法のメリット